予防歯科に注力する亀山市の歯医者さん

〒519-0125 
三重県亀山市東町1-3-2/駐車場5台完備

診療時間
9:00~12:00 ×
14:00~19:00 ×

※最終受付18:30/休診日:日曜・祝日
△:14:00~17:00(最終受付16:30)
※矯正歯科は原則第4土曜日午後(14:00~17:00)となります。

お電話でのご予約・お問合せはこちら

0595-82-0140

歯科用CT

歯科用CT

歯科用CTは、頭頚部に特化したX線装置で特に口腔、歯科領域の診断に威力を発揮する機械であり、歯科では、おもにインプラント治療の術前検査においてよく撮影されます。

歯科用CTを用いる治療例
  • インプラント治療
  • 埋伏した親知らず
  • 難治性根管治療
  • 重度歯周病治療
  • 歯の破折の確認
  • 顎関節症

特にインプラント治療では術前だけではなく術後に計画した位置に正しくインプラントが埋入されているかを確認することが重要であります。

それには、歯科用CTを設置した歯科医院にてインプラント治療をおこない、施術後すぐに検査をおこなうことが安全なインプラント治療の第一歩であると考えられます。

しかし現在、日本の歯科医院において歯科用CTを設備している医院は大学病院や一部の歯科医院に限られており、全国の歯科医院の約1%未満にとどまっているのが現状です。

当院でのインプラント治療におけるCTの利用

コンピューターガイデッドサージェリーシステム

インプラント手術前にシュミレーションをしそれをもとにサージカルガイドというプレートをコンピューターで模型と重ね合わせて作成しインプラント手術を行います。シュミレーションした場所とほとんど誤差のないインプラント埋入手術を行うことが可能です。

結果、トラブルなく長期安定したインプラント治療とつながります。

埋伏(埋まっている)した親知らず

下の親知らずで横を向いて埋まっていると神経に接していたり根が曲がっていることがあります。十分な診査を行わず抜歯を行うと、神経麻痺などの医療事故の原因になったり、予想以上の難抜歯になる場合があります。

CTによる歯の形や位置を確認をしておくことで、より安全に抜歯を行うことができます。